RESORT DEPARTMENT STORE

2017.12.07

GOODS

やわらかな温もりをまとう、播州織の上質なストール

ぴゅうっと吹きすさぶ北風だって、こわくない。伝統ある播州織の上質なコットンウールストール『orit.(オリット)』は、思わず頬ずりしたくなるほど滑らかな肌触りで、寒い季節の首元をやさしく包んでくれます。日本製ならではのニュアンスのある風合いが、冬の装いを彩ります。

【さっと首元にまとえば冬の装いが華やかに】

ついついトーンが重たくなりがちな冬の装いにさっとまとうだけで、華やかさをプラスしてくれる上質なコットンウールストール。しっとりとした深みとニュアンスのある色合いは、巻き方を少し変えるだけでも印象が変わり、一枚あるとワードローブの幅が広がる便利なアイテムです。
とても軽やかな質感なので、日差しや冷房の効きすぎが気になる夏場にも。また、かさばらないのでバッグの隙間に入れて旅先へのおともにも。一年を通して活躍してくれそうです。

生地端のミミを活かすことで縫製をなくし、小さなブランドタグ以外に縫い付けの処理がないので、巻いたときの肌当たりがとても柔らかく、嫌なゴロゴロ感やチクチク感がありません。
しっとりとした大人の雰囲気をまとわせてくれる、上品な光沢と織り模様。
メンズ・レディース、年齢問わずに使いやすい色合いなので、大切な人へのプレゼントにもおすすめです。

【”WOVEN IN JAPAN”という誇り】

兵庫県西脇市を中心とした播州地域(北播磨)で、200年以上前から続く伝統ある綿織物、播州織(ばんしゅうおり)。
糸を先に染めてから織る「先染め」が特長で、色の付いた糸の配置を綿密に計算することにより、様々な模様を織りで表現しています。

そんな播州織の老舗である阿江ハンカチーフ株式会社が、長年培ってきた製織技術を活かし、2012年に立ち上げた自社ブランドが『orit.(オリット)』です。
漢字で「織人」と表し、企画の段階からデザイナーと織りの職人とが共に考え、時には意見をぶつけながら何度も試行錯誤を繰り返し、妥協を許さない商品づくりを行っています。
製品に記載されている“WOVEN IN JAPAN(日本で織った)”は、日本で企画し、織っていることへの誇り。歴史ある織物の産地発だからこそ出来る、高品質な商品をお届けします。

【人気の高い、2つのシリーズ】

播州織ストール コットン ウール 大判 ガーゼ - ryo.(リョウ)

ヨコ糸にメリノウールを使用したシングルガーゼストール。ウール独特の柔らかさと膨らみがありながらも、薄く軽く織り上げているので、ストールの軽さとマフラーの温かさを兼ね備えています。

播州織スカーフ コットン - azuma.(アズマ)

ハンカチが4枚繋がったような大判の正方形のスカーフ。4面の切り替えとグラデーションを織りで表現。巻き方によって見える色が変わり、様々な楽しみ方ができます。

樂園百貨店では、「orit.」が展開しているシリーズの中から、「ryo.」と「azuma.」を、ご用意しております。
店頭にない色がございましたら、お気軽にスタッフへお声がけください。

ページトップへ