RESORT DEPARTMENT STORE

2018.08.08

OKINAWA

樂園ショートトリップ《波の上ビーチ編/後編》

那覇の中心地に位置する樂園百貨店周辺には、沖縄の歴史や自然を感じる魅力的なスポットがたくさんあります。ショッピングのついでに少し足を伸ばして楽しめる、樂園ショートトリップ後編をお届けいたします。
前編はこちらから。

【Spot 04】波の上ビーチ

松山公園を後にして、来た道をさらに西へと進むと、青い沖縄の海が目の前にひろがります。

スタート地点の樂園百貨店前から伸びる一本道の先にあるのが、波の上ビーチ。少し先には大型客船が出入りするフェリーターミナルがありますが、ビーチの海は驚くほど透明度が高くきれいです。那覇市唯一のビーチとして、朝な夕な、市民の憩いの場となっています。

ここで、キラキラと輝く海を眺めながらのランチタイム。きれいな空と海を前にすると、このまま砂浜に座って青空の下で食べたくなりますね。

出発地点のデパートリウボウB1Fの食品館には、サンドイッチやおにぎり、デリ、お菓子、飲み物などが豊富にそろっているので、ランチ用に購入しておくのがおすすめです。あれもこれもと、目移りしながら選んだお昼ご飯を海風を感じながら頬張れば、おなかも心もきっと満腹に。

【Spot 05】波の上宮

波の上ビーチに隣接する崖の上に、海の彼方を見渡すように立っているのは、琉球八社のひとつ「波の上宮」。地元の人々からは「なんみんさん」の愛称で親しまれています。沖縄らしい鮮やかな色彩に彩られた本殿の両側に鎮座しているのは、狛犬ではなくシーサー。屋根には美しい赤瓦。琉球の文化と本土の文化が混在した独特の雰囲気です。

沖縄の伝統工芸、紅型(びんがた)のデザインを取り入れた可愛らしいおまもりは観光客からも人気。波の上宮を訪れた記念にと、買い求める人も多いといいます。
また、おみくじは沖縄らしく多言語表記。「大吉」は「Excellent」、「吉」は「Good Luck」など、表現を見比べてみるのも面白いですね。
ショートトリップは、ここまで。さぁ、のんびり帰り道です。ゆっくり周りを見渡せば、行きには気づかなかった風景に出会えるかも。

【エピローグ】

沖縄の強い日差しでクタクタになったら、デパートリウボウB1F食品館にあるフレッシュジューススタンド、『iRUDURi(イルドゥリ)』のゴーヤーミックスでクールダウン。ゴーヤーのシャキッとした苦味が、りんごの爽やかな甘味でまろやかに。ビタミンパワーが体の隅々にまで染み渡ります。

樂園百貨店から波の上まで、徒歩で片道およそ30分のショートトリップ。
旅の終わり、飛行機の時間までにサクッと楽しむよし。お天気のいい日に、気の向くまま寄り道しつつたっぷり楽しむもよし。
あなただけの樂園風景を探しに行ってみませんか?

ページトップへ