RESORT DEPARTMENT STORE

2019.10.11

CAFÉ

食を楽しむ秋。やんばるを味わう

日中の陽射しがずいぶんとやわらぎ、沖縄も朝夕の涼しい風が心地よい季節になりました。実りの秋は、自然豊かな沖縄本島北部「やんばる」の恵みを楽しみませんか?ここでしか味わえないスペシャルメニューが期間限定で楽しめます。

豊かな自然が育んだやんばる産の素材を楽しむ

「やんばる」は、沖縄本島北部の豊かな森に囲まれ、美しい海が広がる自然に恵まれたエリアです。その豊かな自然を活かし、やんばるではさまざまな農作物が育てられています。この秋、樂園CAFÉに登場するのは、やんばるの恵みが堪能できるメニュー。料理に使うのは、やんばるから「おいしい」を発信している生産者「やんばる畑人(はるさー)プロジェクト」の農作物と、おきなわBee Happyの三浦大樹さんの屋我地島はちみつです。

やんばる畑人プロジェクトは、「やんばるは美味しい!」を合言葉に、「食でつながる、食で動き出す」のコンセプトのものと、やんばるで育った農作物でたくさんの人たちに興味を持ってもらう取り組みをしている生産者の方々です。やんばるを愛し、こだわりと熱意を持った生産者のみなさんが作るものは、味わい深くしみじみとおいしいものばかり。
10月16日(水)から期間限定で樂園CAFÉに登場する4つのやんばるメニューのうち、「やんばる野菜のガパオライス」と「やんばるカーブチーソーダ」で、その味が楽しめます!

ガパオライスといえば、ごはんの上にひき肉とピーマンなどの野菜を炒めた具と目玉焼きをのせ、バジルを散らしたタイの人気料理。これを樂園CAFÉ流のアレンジで、やんばる産の香り高いバジルと数種類のハーブをプラス。野菜ももちろん新鮮なやんばる産を使用しています。濃厚な味わいの具に爽やかなハーブと目玉焼きのまろやかさが最高のコラボレーション。ぜひ食べて欲しいおいしさです。

また、沖縄の知る人ぞ知る柑橘「カーブチー」のソーダは、爽やかでほどよい甘さに一度飲んだらきっとリピートしたくなる味。カーブチーは沖縄在来の柑橘で、香りがとてもいいのが特徴。すっきりとした酸味とややクセのある苦味があるものの、今回のメニューではそれを活かし、後味がとてもいいソーダに。大人も子どもも、多くの人が楽しめる味です。

また、「屋我地島はちみつ」の記事で紹介した、おきなわBee Happyさんのはちみつは、「やんばるはちみつミルクティー」、「やんばるはちみつシフォンサンド」に。

ふわふわのミルクフォームの上に、とてもいい花の香りのやんばるはちみつと、「カラキ」と呼ばれる沖縄シナモンがかかったミルクティーは、何よりもまずは香りを楽しんでほしいドリンク。心身ともにほぐしてくれる甘くやわらかな香りに包まれます。ほのかな甘みなので、もちろんそのままでも、甘めが好みなら砂糖を入れてもチャイのように楽しめます。

贅沢にシフォンケーキでホイップをサンドしたシフォンサンドには、やんばるはちみつをそのままたっぷりとかけて食べるのがおすすめ。甘さ控えめのシフォン生地とホイップで、はちみつのおいしさがより一層味わえます。おやつにも、食後のデザートにも嬉しい特別感のあるスイーツです。

樂園CAFÉならではのアレンジで、今しか味わえないやんばる生まれのおいしいもの。やんばるの自然が香る、おいしい秋を召し上がれ。

樂園カフェ やんばるスペシャルメニュー

http://www.resort-dept.okinawa/blog/news/1977/

ページトップへ