RESORT DEPARTMENT STORE

2018.12.26

CAFÉ

年末年始の集まりに。ユニークな味わいのクラフトビール

近年、全国的に盛り上がりを見せているクラフトビール業界。手間ひまかけた製法によって造りだされる豊かな風味や、製造地ならではの素材を活かしたユニークな味わいが魅力です。年末年始の集まりに、友人たちと乾杯するのにもぴったりです。

沖縄ならではの素材から生まれた、2つのクラフトビール

忘年会に、新年会。一年のなかでも、なにかと友人や仕事仲間と集まる機会の多いこの時期、沖縄のユニークなクラフトビールを楽しんでみませんか?

ここ数年、よく耳にするようになった“クラフトビール”ということば。厳密な定義は無いようですが、一般的には地域密着型の小規模な醸造所で造られる、品質を重視した個性豊かな味わいのビールの呼称として使われています。

ひとくちにクラフトビールといっても、用いる原料や醸造法によってそのスタイルは様々で、分類すると100種類以上にものぼると言われています。もちろん、スタイルが違えば味わいもがらっと変わるもの。だからこそ、お気に入りの一杯を探す楽しみがあります。

最近はコンビニなどでも気軽に全国津々浦々のクラフトビールが買えるようになりましたが、やはりその土地で飲む、その土地ならではの味わいに勝るものはありません。今回は、樂園CAFÉの店内でお楽しみいただけるクラフトビール『OKINAWA SANGO BEER(オキナワサンゴビール)』と『OKINAWA SOUR(オキナワサワー)』について、樂園企画係の森田貴之さんに伺いました。

「南城市にある南都酒造所さんの『オキナワサンゴビール』は、カフェがオープンする前から樂園百貨店で取り扱いをしていた商品で、お土産はもちろんのこと、自分へのちょっとしたご褒美としても人気がありました。樂園百貨店のコンセプトのひとつである “沖縄のいいモノ”としてぴったりの沖縄らしさがあって、ビールのクオリティも高いので、自信を持っておすすめしています。」

『オキナワサンゴビール』は、沖縄本島南部にある鍾乳洞、玉泉洞の地下100mから汲み上げたカルシウムとミネラルが豊富な“コーラルウォーター”を使用。麦芽と酵母の旨味を大切に、ホップを贅沢に使用した風味豊かなビールです。

白ワインを思わせるフルーティーな風味の《ケルシュ》、上品な苦味とコクのバランスが特徴の《アルト》、柑橘系の豊かな香りとホップの苦味が特徴の《IPA(インディア・ペールエール)》、ローストした麦芽の香りとホップの絶妙なバランスの《ブラックエール》と、個性豊かな4種類を取り揃えました。

「こちらの『オキナワサワー』は、実は“逆輸入”のビールなんです。
沖縄県産のシークヮーサーを使って、オーストラリアのメルボルンにあるテンプルブリューイング社が製造を行っています。苦味が控えめ。シークヮーサーの爽やかな風味が際立っているので、ビールが苦手な方にも楽しんでいただけると思います。軽やかな飲み口で、まるでカクテルのような印象ですよ。」

『オキナワサワー』のアルコール度数は4%と一般的なビールと比べて控えめなので、女性やお酒があまり得意ではない方にも「飲みやすい!」ととても人気のあるビールです。

ビールの美味しさがさらに広がる、フードとの組み合わせ

2メーカーのクラフトビールと樂園CAFÉフードメニューのおすすめのペアリングを森田さんに伺いました。

「『オキナワサンゴビール』の《ケルシュ》はさっぱりと軽く食事の味を邪魔しないので、野菜がメインのサラダボウルなどをお召し上がりの際にお勧めしています。《アルト》や《IPA》になると、しっかりとした苦味と酸味を感じられるので、豚肉の入ったチャンプルーボウルや、県産ハムを使ったタルティーヌと相性抜群ですよ。《ブラックエール》は是非、和牛を使った樂園バーガーを片手にがっつりいってほしいですね。
とはいえ、やはりご自身の好みで選んでいただくのが一番なので、いろいろな組み合わせを楽しんでいただければと思います。」

そんな森田さんの個人的なお気に入りは、『オキナワサンゴビール』の《アルト》。

「すごく味わいのバランスがいいですし、ちょっと“飲んでる感”のあるビールが好きなんです。
あとは、クラフトビールの楽しみ方として、キンキンに冷やしてぐいっと飲む以外に、ビールの温度がぬるくなってきたときに広がる、別の味わいや風味を楽しむというのもおすすめです。
冷蔵庫から出してすぐだと6~8度ぐらいですが、その温度って実は味覚を感じにくい温度といわれています。だから、まずは喉越しをメインに楽しんで。ビールがぬるくなるにつれ、舌が素材の味を感じやすくなってくるので、より深くそのビールの個性が感じられると思います。」

温度にあわせて、ペアリングするフードをかえてみるのもおススメだそう。
最初は、タピオカの原料となるキャッサバ芋をカラッと揚げた『キャッサバ芋のポテトフライ』をシンプルに合わせて。
少し時間が経ってきたら、しっかりスパイスの効いたベジタコライスや生ハムのタルティーヌと合わせて。
一杯のビールで、そんな2通りの楽しみができるのも、魅力の一つかもしれません。

自分好みの味わいを見つけると、仕事終わりや帰宅後のごほうびの一杯がこれまで以上に待ち遠しくなりそうです。
沖縄ならではの素材から生まれたユニークなクラフトビール。
樂園CAFÉのフードをお供に、是非ゆっくりと味わってみてください。

ページトップへ